今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

生活

iPhoneの充電器、はがれる被覆! そんな時の対処法

更新日:

スマホと言えばiPhone。日本では圧倒時な人気ですよね。

毎年9月の新製品が出るたびに、各携帯会社では、入荷待ちの文字が躍ります。

私も日本にiPhoneが入ってきて以来、ずっと使っているiPhoneユーザーです。

新しいものが出るたびに買い替えるぐらいで、ガジェット好きにはたまらないアイテムですよね。

家族も全員iPhoneを使っていて、各自が充電ケーブルを持っているはずなんですが、リビングにある充電器をなぜか奪い合うように使っています。

子どもたちに「なんで自分のを使わないのか」と聞いたところ、「だって壊れちゃったんだもん」と。

よくよく聞いてみると充電ケーブルの被覆がはがれていて使えなくなってしまっているとの事でした。

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

アイフォンの便利機能! 簡単に使い使いこなそう!

<iPhoneの充電器、はがれる被覆>Lightningケーブルの特徴

LightningケーブルはiPhoneを購入した際に付いてくる充電ケーブルの事で、Apple純正の物はもちろん、サードパーティと呼ばれる社外品の物もたくさん売られています。

ケーブル外側の白い被覆の耐久性がよくなく、使ううちに剥がれてきて、中のシールドがむき出しになってしまうことがあります。

コネクタの根本付近を大きく曲げたり、ケーブルを抜く際に、強く引っ張るといった使い方をしないように心がけましょう。

<iPhoneの充電器、はがれる被覆>むき出しのまま使っていると危険?

シールドがむき出しになっても、流れているのは5V/1Aの電流ですから危険はありません。

しかし、コンセントから漏電していたりすると、ケーブルに触れて感電する可能性があります。

また、シールド内の電線まで出てきてしまうぐらいはがれしまうと、ショートして火災の原因となるかもしれません。

<iPhoneの充電器、はがれる被覆>応急処置

一番簡単に、そして確実に修復できる方法は、ビニールテープで剥がれた場所を覆ってしまう方法です。

ビニールテープとは、文字通りビニールでできた電気を通さないよう絶縁することができるテープの事で、水や空気も通さないので、錆止めにもなります。

ホームセンターや文具店、コンビニなどでも売っています。

このテープを被覆が剥がれた場所をしっかり覆うように巻いていきます。

包帯を巻くような要領で巻いていくと上手くできますよ。

ビニールテープで補修して使っていると、周りにホコリがついたり、糊がべたついたりすることもあります。

そんな時には、100円ショップで売っている「熱収縮チューブ」で巻くのもおすすめです。

何種類か太さがあり、6ミリのチューブが一番使いやすい太さです。

被覆が剥がれた部分に巻き付け、ドライヤーで温めるだけで、ケーブルにしっかり張り付きます

<iPhoneの充電器、はがれる被覆>無料で交換できるってほんと?

実は、Appleで無償交換をしてもらえます。

下記の3つの条件を満たせば無償で交換してもらえます。

・iPhoneの純正品であること
・故意に壊したり破いたりしていないこと
・保障期間内であること

Appleサポートから「配送修理」もしくは「持ち込み修理」を選んで依頼します。

「配送修理」申し込みから数日以内にAppleから新品のケーブルが届くので、それと引き換えに古いケーブルを送り返します。

「持ち込み修理」はAppleStore、もしくはApple正規サービスプロバイダに直接持って行って交換してもらいます。

<iPhoneの充電器、はがれる被覆>はがれるのを防ぐ方法

ボールペンの中に入っているバネを、コネクタの根本あたりにくるくる巻き付けておきます。

バネの力により、ケーブルがしなって根元に力が加わりにくくなり、被覆が剥がれるのを防ぎます。

まとめ

Lightningケーブルは、強く引っ張たりせずに大切に扱って下さいね。

もしケーブルの被覆が剥がれたら

・ビニールテープで補修する

・100円ショップの「熱収縮チューブ」もおすすめ

・Appleで条件を満たせば無償で交換してもらえる

バネなどを使って、補強をして長く使いたいですね^^

-生活

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.