今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

季節イベント

初日の出を都庁で? 地上202mの都庁展望室で新年を迎えよう!

更新日:

年末が近づくと、今年の初日の出はどこで見よう、新年をどこで迎えようとワクワクしますね。

私は、毎年、同じところから見るのではなく、初日の出が美しいと言われる場所を探して訪れています。

昨年は、三重にある七里美浜という美しい海辺から、おととしは、箱根の駒ケ岳の山頂から初日の出を拝みました。

車や電車、時には飛行機を使って、様々な場所に行ってますが、今年は、もっとめずらしい場所で美しい日の出を見たい!と思い、いろいろ調べてみると…

びっくりするような場所を見つけました!

今回は、その驚きの場所をお伝えしたいと思います。

その意外な場所とは?

・・・東京都庁です!!

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

初日の出を浦安で見たいならココ!! 穴場スポット、浦安市総合公園

<初日の出を都庁で!>東京都庁とは?

1991年4月から使用されている、東京都の行政機関(役所)の事です。

そして、その東京都庁が入っているビルが、第一本庁舎と第二本庁舎です。

新宿区にあり、計画当時は、バブル時代で、「バベルの塔」をもじって「バブルの塔」とも呼ばれていたそうです。

完成当時は、第一庁舎は高さ243m、日本一の高さを誇っていました。

その後、横浜ランドマークタワーや六本木ミッドタウン・タワーに日本一や東京一の座を奪われました。

しかし、第一本庁舎45階にある、地上202mの展望台には、たくさんの観光客が訪れているようです。

また、展望台を含め、見学できる場所は限られていますが、見学は基本的には自由となっています。

<初日の出を都庁で!>都庁展望台とは?

第一庁舎の45階にあります。

入場料は、なんと無料です!

見学時間も朝の9時半から夜景が美しく見える23時まで。

1階にある、45階を55秒で昇る専用エレベーターで上がっていきます。

東西南北、四方からの眺めは最高!ですよ。

ちなみに

北東方面からは、スカイツリーが見えます。

南東方面からは、東京タワーが見えます。

南西方面からは、東京オペラシティなどが見えます。

西方面からは、富士山が望めます。

私は、東京の街並みを高い位置から眺めると不思議な感じがします。

ミニチュアのように見えるこのたくさんの建物の中に、たくさんの人がいて生活や仕事をしているんだなあといつも不思議な感覚になります。

<初日の出を都庁で!>都庁の展望台から見よう

都民からの声により、平成7年から、初日の出を見るために元旦に開放することになりました。

毎年、11月頭には、都庁のホームページで、募集が開始されます。

2018年の募集の詳細を見てみると、

・日時は、1月1日、午前5時30分から午後5時30分(ちなみに初日の出が見られる時間は午前6時50分ごろだったようです)

・場所は、東京都庁の第一庁舎45階展望室

・参加人数は、抽選で約600名

となっていました。

駐車場は午前5時15分から使用可能だったようです。

展望室内にあるお土産物屋さんや飲食店も営業していたようなので、飲み物なども飲めるようですね。

応募方法も調べてみました。

往復はがきに住所や名前などの必要事項を書いて、応募するようです。

1人につき1枚という制限あり。

家族で申し込む際には、一度に申し込める人数は4人までとなっていて、5人以上書いてしまうと、抽選に当たっても、無効になってしまうので注意ですね。

12月の頭に締め切り、抽選結果は、12月下旬に応募者全員に通知があります。

600名とはなかなか狭き門ではありますが、202mからの初日の出、拝みたいですよね。

<初日の出を都庁で!>参加した方の感想

暗いうちから展望台に上ったので、夜景も楽しめました

だんだん空が明るくなって、空の色が黒から紫に、そしてオレンジに変わっていく様子がとても神秘的でした。」

 

「一緒に行った友達が寒いから暖かい服装で行かなくちゃと、外での展望と勘違いしていました。

ちゃんと室内で暖房も効いているので大丈夫です。

暖かい室内から、ゆっくり時間をかけて太陽が上がってくるのを見る事ができてよかったです」

 

「まさか、当選するとは!!嬉しかったですね。

初日の出を拝んだ後に、展望室内にあるカフェでモーニングコーヒーをいただくことができたのがよかったです」

 

みなさん、とても満足されているようです。

なんといっても、抽選で選ばれた人しか見れないという特別感でみなさん興奮していたようです。

まとめ

・東京都庁では展望台から、初日の出が拝める。

・料金は無料。

・毎年11月に入ったころにホームページで募集開始。

・応募は、往復はがきで。抽選結果は、12月下旬に、応募者全員に。

・抽選で選ばれた約600名のみが参加できる。

・元旦は、展望室内のカフェやお土産物屋さんも営業している。

抽選に当たったら最高の新年が迎えられそうですね。

東京のきらきらした美しい夜景を見た後は、初日の出を拝んで、天気が良ければ富士山も臨めます。

地方の素晴らしい観光地の初日の出も素晴らしいですが、今年は、都内で新年を迎えて、美しい初日の出を拝むのはいかがでしょうか?

-季節イベント

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.