今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

会社・仕事

会社のランチがイヤ! 一人で食べたい方へ秘策を教えます

更新日:

職場でのランチタイム、ちょっと憂鬱になったりしませんか?楽しいはずのランチタイムが苦痛になってしまう。一人で食べたいけど、なかなか行動に移せない、そんなあなたに、「みんなでランチ」から「一人ランチ」に移行した私から、人間関係も壊すことなく、うまく一人ランチができる方法をお伝えしますね。

まず、今の私の状況は、シフト制の会社で働いているので、ランチタイムは、交代で取ります。一人の時もあれば、何人かで一斉に取る時もあり、一人の時は、会社の休憩室で取りますし、みんな一緒のランチタイムであれば、外に出ます。街中にある会社なので、ランチをするお店はたくさん!とっても気楽で楽しい時間となっています。

しかし、就職したての頃や、転職する前の会社にいたころは、一人でランチなんて、寂しくて無理~っ!て思っていましたし、みんなで一緒に食べるのが当たり前な感じでした。

職場でみんなと一緒にランチをするのがいやな理由は、

・いない人の悪口で盛り上がる
これがあるので、自分が抜けたらその悪口の対象になってしまうのではないかと不安になって、なかなか行動に移せないんですよね。

・プライベートを根掘り葉掘り聞かれる
今度の休みはどこに行くの?とか旦那さんの会社ってどこなの?お子さんの学校は?など、そこまで聞かなくてもっていうところまで質問される、会社とプライベートは分けたいですよね。

・上司に気を使うのはイヤだ
毎回ではないですが、上司がふらっと来て一緒にランチをすることがありました。本人はコミュニケーションをとるつもりなのかもしれませんが、お昼ぐらいは、気を使わずゆっくり過ごしたいですよね。

・メールやラインの返事をしたい
仕事中はもちろん返事はできないので、ランチタイムに返信をしたいのに、みんなが話している時にひとりでスマホをいじってるのはどうかと思ってしまって、なかなか返信できなかったんです。

これを全部払拭できるのが、一人ランチ!どうやって一人ランチができるようになったのか、実際の私の体験をもとにお伝えしますね。

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

妻がつくる弁当は冷凍おかずばかり… 勘弁してくれ!!なあなたへ

会社のランチを一人で食べたい! 第一段階「さっさとご飯を食べて違う場所や職場に移動する」

転職する前の会社は工場でした。そばに食事を取るお店もなく、必然的にランチタイムは休憩室でみんな一緒にという感じ。食事が終わってからも、そのまま休憩時間が終わるまでみんなでしゃべるんですが、内容は、旦那さんの悪口、嫁姑問題や、上司や同僚の悪口など、ネガティブな話が満載でした。

最初は面白おかしく聞いていましたが、だんだん悪口ばかりの時間が苦痛になってきました。そんな時、友人の一人が、いきなり一緒にランチをしなくなり、みんなから「なんで?私たち嫌われたの?なんか感じ悪いね」と悪口の対象になってしまいました。

そっか、一人で食事をしてもいいんだ!と目からうろこ!さっそく行動に移しました。自分の持参したお弁当をさっさと食べて、「仕事がまだ片付いてないので、職場にもどりますね~」とか「今日は銀行に行かなくちゃいけないので」とか理由をつけて、その場を離れるようにしたんです。

そのうち、「今日もお先に~」の一言で、何も言われず、フェードアウトできました。

会社のランチを一人で食べたい! 第二段階「何回かに一回は、一緒に食べるのをやめてみる」

次に挑戦したのは、一緒にご飯を食べるのを何回かに1回やめる事です。

第一段でご紹介した、いきなり一緒にご飯を食べなくなった友人のように「いきなり」はダメです。少しずつフェードアウトしていく、それを心掛けてくださいね。

私は、まず「仕事が終わらないので後で行きます」と言って、仕事が忙しくて行けなかったという事実を作りました。それから「用事があるので外に行ってくる」も使いましたよ。

そして、一人ランチタイムをゲット!!

そうしているうちに、一緒に食べる回数も減り、「仕事が忙しいから当分一緒に食べれなくなりました」と宣言、一人ランチタイムをゲットしました!

まとめ

・会社で一人ランチをするためには、いきなりではなく、少しずつフェードアウトが基本。「気がついたらいなくなってた」が理想。

ただ、一人ランチのデメリットもあります。周りに気を使えない人、コミュニケーション能力が低い人、集団行動ができない人と思われることもあります。

なので、例えば職場全員や、グループで集まるランチタイムだけは参加したり、1か月に1回でもいいので一緒にランチをしていた人達とご飯を食べることもしてみましょうね。いやな話題ばかりではなく、良い情報を得られることもあります。

実際に私も気が向いた時は、ランチに参加しています。そこで、知らなかった情報を得ることができて、仕事がうまくいった経験もあります。自分の時間はしっかり確保して、自分に余裕があるときに、たまに一緒にランチをする、そんなスタンスで居続ければ、楽しいランチタイムを満喫できますよ。

-会社・仕事

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.