今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

出産・育児

家が狭い人の子育てのコツ3つ、教えます!

更新日:

便利な都心暮らし。車も持っていないし、駅まで徒歩3分! コンビニまでは徒歩30秒という便利さは捨てがたいですよね。

でも都心の家は高い! 結果1LDKにこどもと3人暮らしなんていうケースも珍しくないんです、我が家も60㎡で3歳と1歳の子がいて決して広くはなく、気付けばプラレール、こどもちゃれんじの細々パーツのおもちゃ、絵本で散らかりまくり! ストレスマックスでした。そんな狭いおうちでストレスなく暮らすにはどうすればいいのかお伝えしたいと思います。

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

妻が子育てで不機嫌! 理由と対策3つを、妻の本音とともにご紹介!

玄関が狭い! ベビーカーの収納方法を伝授します

<家が狭い人の子育てのコツ>イライラ! そのイラだちは狭いことが原因?モノを減らしてみよう

そもそも狭いからとイラついているあなた、確かに狭いとモノがごちゃつきがち。でもモノが少なくて、なにがどこにあるのか整理されていればそのイラつきは解消できるかもしれません。

まずはすこしでも気に入らないモノは処分してみましょう。 おもちゃも沢山あるのであればこどもに聞いてみて似たようなものから処分します。

私は捨てるのが勿体ないと感じてしまってモノがあふれてしまうので定期的に寄付をすることにしています。「ワールドギフト」という支援団体が寄付されたモノたちをアジアやアフリカ、南米等の地域で再利用する支援を行っています。寄付できる団体は多数ありますが、ワールドギフトが凄いのは寄付できるものの幅が広いこと。

古着は勿論のこと、使わないお皿に使い差しの香水や口紅、ぬいぐるみにひな人形まで! 大体のものは寄付できます。 あらかじめコンテナ料やもろもろの手数料がダンボールのサイズで一律指定されていて、払う必要はありますが、その価値はあるのではないでしょうか。まだ使えるモノ達がゴミにならずに、また他国で人の役にたつなんてすごく嬉しいなぁなんて思うのです。

ものが多すぎておもちゃも新しいのを増やせないとなるとかわいそうですしね。きっぱり処分することで新しいおもちゃのおくスペースも確保できます。

<家が狭い人の子育てのコツ>こどもの遊ぶスペースは確保する

たたんだ洗濯物をひっくりかえし、そのうえにレゴブロックをぶちまけ、さらにそこでお菓子を食べている・・・。そんなカオスがこどもがいると起こり得ます!

アメリカ人ぶって「ワーオ!」なんていっていらだちをごまかそうとしても上手くいきません。そんな日が続いてある日はたと気付いたのですがうちはせまいがゆえにこどもが遊ぶスペースがハッキリしていませんでした。

そこで試しにこどもが遊ぶスペースをつくってみました。なにも一部屋あたえる必要は無く、うちの場合はリビングのテレビの前あたりの一角です。そのスペースには洗濯物や大人の私物を置くことは避けます。おもちゃもその付近に収納する努力をしました。

テレビ台の中、ソファのデッドスペースに入れてみたり。結果、こどもは定位置で遊ぶことが増えて、前の様に生活用品とおもちゃがごちゃごちゃになることが減りました。片付けるクセも付いてきた様に思います。

こどものスペースはジョイントマットやラグをしいておくと落書き、キズ、足音もふせげるし、視覚的にもこどもに遊ぶスペースを自覚させやすくてオススメです。

<家が狭い人の子育てのコツ>本当に狭いのは悪いことなのか? メリットを考えてみる

狭いとイライラ、ごちゃごちゃするというのが定説ですが、実際広い郊外の一軒家に引っ越したことを想像してみて下さい。

家は広くなったけど、いままで駅近で徒歩3分駅だったところを、徒歩15分かかるかも知れない。住宅街だとふらりと入れる飲食店なんて周りにないかも。

平屋のケースは少ないので、まあフツウは2階建てあるいは3階建てだとすると、こどもが小学生以上であれば自分は1階に居て、こどもは2階にいるという状況もあるでしょう。マンションの狭い部屋だとこどもは常に目の行き届く場所にいて、家事をしながらも見守れます。常にこどものそばにいれば距離もちかくて会話もうまれますね。

そして家が広いということは掃除! 必然的に掃除するスペースも広くなってしまうんですよね。狭いおうちは日々掃除するスペースは大したことが無くすぐ終わるもの。

どうでしょうか。広い家にも勿論メリットはあります。でも狭い家にも様々なメリットがあって狭いのもいいことなんだとハッとしますね。考えようで狭い家での子育ての良さも沢山見えてきたのではないでしょうか。

まとめ

今回は家で子育てをする為の3つのコツについて、

・イライラ! そのイラだちは狭いことが原因?モノを減らしてみよう

・こどもの遊ぶスペースは確保する

・本当に狭いのは悪いことなのか? メリットを考えてみる

をご紹介しました。

広い一軒家に引っ越すこともモノがごちゃっとせず暮らすための解決策であることは間違いないですが、狭い家でもすこし工夫をすることでイライラもなくなってめちゃくちゃ住みやすくなる可能性がありますね。

引っ越しを考える前に参考にしてもらえると嬉しいです!

-出産・育児

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.