今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

旅行

ゼミ旅行に行きたくない! 断る?行く? それぞれの理由3つ

更新日:

待ちに待った大学生の長期休み!!でも憂鬱なことが一つ。

それがゼミ旅行という人もいるのでは?

私は人見知り、かつ常に金欠でバイト三昧のキャンパスライフを送っていたので、色んな意味で本当に憂鬱でした。

思わず「嫌だなぁ、やっぱり行きたくない」と友達に愚痴ると、ゼミは違ったのですがその子も「旅行はちょっと嫌だよね…」と言っていました。

かと思えば「えっ!楽しみじゃない??旅行だし~」と楽しみにしている友達もいました。

ゼミによっても日数や費用、プランも様々ですし「行かない場合は成績にも響くんじゃないか?」とか「自分だけ余計にのけ者になっちゃう?」などと悩んでしまいますよね。

そこで、実際ゼミ旅行とはどんなものなのか?行かないと成績に響くんじゃないか?や、絶対行かない派と渋々行く派の理由を聞いてから、答えを出してみてはいかがでしょうか。

<ゼミ旅行に行きたくない!> ゼミ旅行って何するの?メリットは?

ゼミ旅行へ参加したことがない人にとって一番気になるのがこの3つではないでしょうか。

1つずつお伝えしますね。

まずゼミ旅行(ゼミ合宿)とは、長期休み期間などを利用して、大学から離れた地で、これまでの研究の成果を発表したり、議論をしたりする学問のための旅行です。

論文作成を集中的に進めるためのものや研究のための現地に赴くフィールドワークのためのものなどがあります。

それとともに、BBQや花火、スポーツやゲームなどのレクリエーションを行い、ゼミ内の親睦を深めるという目的もあります。

これらの目的比重はそれぞれのゼミによってもかなり異なるので、あらかじめ先輩に聞いておくと安心できますよ。

ちなみに費用は場所や日数にもよりますが、平均すると大体2泊3日で、1万~3万くらいです。

次にメリットですが、いずれの目的でも大学から離れることで、集中して研究や演習、意見交換やプレゼンテーションを行えます。

バイトや家事を気にしないで済みますから、グッと勉強モードへ切り替えられるチャンスでもあります。

また非日常であるためか、普段話す機会が少ない他のゼミ生との仲も深まりやすいです。

仲良くなれば研究を進めやすくなったり、手伝ってもらったり、自分のモチベーションも上げられたりします。

実はゼミ旅行自体は強制ではないところがほとんどです。

ただ、授業の一環とするゼミも中にはあるようなので、教授に確認しておきましょう。

授業の一環ともなれば成績にも影響することが考えられますので、要確認です。

<ゼミ旅行に行きたくない!> 行かなかった派の理由3つとその後

行きたくなかったので、結局行かなかった人もいます。

何を隠そう私がこのタイプです。

理由はこの3つ。

・わざわざ旅行先で勉強する意味がわからない
・金欠
・大人数での旅行が無理

勉強や研究なら大学でもできるし、1人の方が集中できるのです。カフェや図書館もありますしね。

1人暮らしをしていたので親から仕送りがあるにしても微々たるもの。

日常的にバイトをしていましたが、長期休みって稼ぎ時なんですよね…。

お金をもらえるどころか2万消えていくなんて…正直嫌でした。

あとは大人数で旅行が苦手です。

修学旅行とかも苦痛でしたが、大学のゼミだともっとなんていうか「合わせなきゃ感」が強くて。

もともとみんなでワイワイするのが好きではないので、そこまで親密でない人たちと一日中一緒に行動や食事、就寝を共にするのは考えただけで頭痛がするほど。

そんなわけで私は21人いるゼミ生の中でゼミ旅行を断りました。ちなみに行かなかったのは私を含め2人です。

「どうしても金欠ですみません」と断る理由は同じだったようです。

一番角が立たない断り方だと思います。

旅行後のゼミでは、想像していた通り「アレが楽しかった」だの「めちゃ盛り上がったよね~」だの、話題は楽しいゼミ合宿でもちきりでした。

行かなかった私にわざわざゼミ旅行の写真を見せてくれたり、飲み会ではどんな話で盛り上がったのか、丁寧に教えてくれる子もいました。

<ゼミ旅行に行きたくない!> 行きたくないけど行った派の理由3つとその後

私の友達(冒頭で「旅行は嫌」と言っていた子)は、嫌々ながらも断ることもできず、結局行きました。

その理由はこの3つ。

・断る理由がでっち上げられない
・任意と言っても行かなきゃいけないような雰囲気だった
・旅行後、ゼミ生の輪に余計入りにくくなる気がする

こういう人も結構いると思います。

帰ってきてから話を聞いてみると、驚きの連続で。

「最初はやっぱり嫌だったんだけど、行ってみると結構なんだかんだ楽しかったんだよね(笑)!勉強しに行ったはずの旅行だったけど、夜の飲み会とか花火とかが思いのほか楽しくて…」

「あと、旅行先で別の大学のゼミ旅行と一緒だったんだけど、その子たちとも仲良くなって連絡先交換したんだ~」

とのこと。

どちらかというとあまりはしゃぐタイプではない友達ですが、やはり旅行先という非日常だとテンションがあがったそうです。

「渋々だったけど、行ってよかったな」とニコニコしてました。

その後、なんとその連絡先を交換した他大学の子のツテで知り合った人と付き合うことになりました!!

そういうこともあるんですね~。

<ゼミ旅行に行きたくない!> 「行ってよかった」を聞いて、後から私が思ったこと

ゼミ旅行は必要ないんじゃないかなと今でも思います。

貴重な時間とお金を使ってまでバカ騒ぎするくらいなら家で一人、もしくは仲の良い友達とピザ食べてる方が良いです。

バイトに精を出していたほうがお金にもなるし良いです。

大人になった今でもそういう思いはあります。

でもあの大学生の夏休みは一瞬でした。

もっと友達のようになんとかして行っていたら、私にも楽しい思い出が作れたのかなぁ…なんて思う事があります。

主目的は勉強と言いつつ、みんな思い出すのはディスカッションの内容より、飲み会とかBBQとか恋バナとかで、少し私にはまぶしく見えたからです。

まとめ

・ゼミ旅行は集中して勉強と親睦を深められる旅行!ほぼ任意参加だが要確認!

・行きたくないなら行かないという手もある。理由は「金欠」がオススメ

・渋々な子も多いが、行くとそれなりに楽しめるかも

・楽しい思い出を作りたいなら行って損はなし!

行っていない私だからこそ、行くのが億劫なのも、金欠だと辛いのもわかります。

ただ、青春はあっという間です。

悩むくらいなら行ってもいいんじゃないかな?と大人になった今は思いますよ。

行く・行かない、いずれにしても、皆さんが後悔しないように祈ってます^^

-旅行

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.