今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

旅行

城崎温泉に12 月に車で行きたい! 雪は積もってる?

更新日:

兵庫県にある城崎温泉。

平安時代から1300年の歴史を誇る温泉です。

7つの外湯をまわって温泉を堪能、他にも様々な施設があり、観光地として有名ですよね。

春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、そして冬は雪景色と、四季を通じて美しい城崎温泉。

実際に訪れる際のアクセスは、JRの山陰本線「城崎温泉」からすぐとなっています。バスツアーなどもありますが、車を使っていくのも、自由がきいていいですよね。

ただ、春から秋にかけては、あまり心配はないのですが、冬に入って雪が降り始めると、車で行くのはちょっと不安になりますよね。

私も12月の年末に訪れたのですが、冬に訪れるときに、雪はどうなのか、積もっているのか、積もっていたらタイヤも冬仕様ででかけなくちゃと思って、いろいろ調べてから行きましたよ。

私と同じように12月に訪れたいと思っている方も多いと思います。

それでは、12月に入ってから訪れる際に、雪が積もっているのかどうか、城崎温泉周辺がどんな状態か、ご紹介しますね。

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

雪道をロードスターで走りたい!! 失敗しないための4項目はコレ

温泉で外国人に絶対教えたいマナーの4つ

城崎温泉とは

城崎温泉は、兵庫県の豊岡市にあります。

1300年の歴史を誇る温泉で、7つの外湯をめぐりが有名。

志賀直哉の「城の崎にて」の舞台にもなっています。

実際に私も、7つの外湯めぐりを堪能しながら街中を散策しました。

温泉街以外にはロープウェイで大師山の山頂まで登ることができたり、日本海に近いので海水浴も楽しめますよ。

そしてなんといっても、冬に訪れるときの一番のお楽しみが「カニ」!!

おいしいカニが食べることができます。

私も城崎温泉に行った時の楽しみは、温泉とカニでした。

本当においしくて、たくさん食べましたよ。

住所:
兵庫県豊岡市城崎温泉

アクセス:
車の場合は、近畿豊岡自動車道「日高神鍋高原IC」→R312→豊岡→城之崎温泉
電車の場合は、JR山陰本線「城崎温泉」下車すぐ

問い合わせ先:
城崎温泉観光協会
電話番号(0796-32-3663)

城崎温泉に12月に車で行ける? 雪の状況と道路状況は?

私が訪れた時は、街中の路面に雪は残っていなかったのですが、溶けた雪で路面が濡れていました。

スタッドレスタイヤで行ったので、滑ることはなかったのですが、路面が凍ってしまうと滑る可能性はあります。

実際に途中の一般道は、雪が残っていたり、溶けてシャーベット状のところがありましたよ。

地元の方に伺ったところ、ここ数年は、12月に雪が降る確率は50%ぐらいだそうです。

スタッドレスタイヤやチェーンが必要になるような積雪量にはあまりならないとのことでした。

また、城崎温泉の街中は、消雪装置が設置されているので、道路に雪が積もることはほとんどありません

私が行った時に街中に雪がなかったのは、消雪装置のおかげで雪が溶けていたのかもしれませんね。

城崎温泉に向かう道路はというと、高速道路も一般道も、場所によっては、途中で雪が積もっていることがあるので、やはりスタッドレスタイヤかチェーン携帯で行くことをおすすめします。

下道も雪を溶かすスプリンクラーがある場所もありますが、すべての行程ではないので、冬装備はしっかりとしておく方が安心ですよ。

また高速道路は、雪が降ってチェーン規制がかかると、ノーマルタイヤだと通行できないので、城崎温泉は雪の予報ではなくても、スタッドレスタイヤかチェーンなどの冬装備は必須かもしれません。

実際に、私が行った時も、城崎温泉までの道のりで、陽があたる場所は、雪はすぐ溶けるので路面は乾いていましたが、日陰の場所は凍ったり、シャーベット状になったりしていました。

高速道路は路面には、まったく雪はありませんでした。

スタッドレスタイヤで向かったので、まったく心配はなく、安心して走ることができましたよ。

また、現地の方は、12月の初めであれば、雪はほとんど降らないので、ノーマルタイヤでも大丈夫だとおっしゃっていました。

クリスマスごろになると、寒波がやってくることが多いので、スタッドレスタイヤかチェーンを用意した方が無難だとのことでした。

また、リアルタイムで雪の情報を見ることができるサイトもいくつかあるので、そちらで確認しながら向かうといいですね。

私も確認しながら向かったのですが、リアルタイムなので安心して走れましたよ!

まとめ

・12月上旬であれば、雪はほとんど降らないので、ノーマルタイヤでも大丈夫。

・12月上旬も、チェーンは携帯するのが無難。

・12月中旬以降は雪は降るが、街中は消雪装置のスプリンクラーがあり、雪はほとんどない。

・12月中旬以降は、途中の高速道路や一般道で、積雪やシャーベット状の地面もあり、スタッドレスタイヤ・チェーンなどの冬装備は必須。

日本海側の冬は天候が変わりやすいので、車で行く時には、スタッドレスタイヤなどの冬装備をしていきましょう!

みなさんの旅行が安全で楽しいものになりますように^^

-旅行

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.