今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

季節イベント

冬休みに髪を染めるなら知っておきたい!! 5つのポイント

更新日:

いよいよ、待ちに待った冬休み!

テストも終わったし、これからクリスマスやお正月…いろんなイベントも控えてるし、「ちょっと髪を染めてみたい」と思いませんか?

とは言っても、カラーNGの学校も多いですし、休み明けの3学期には元通りにしたいものです。

でも、どこでどうやって染めたらいいの?髪染めたら戻すの大変じゃないかな?

なんて不安ですよね。

そんなお悩みにお答えします!

まずは美容院とセルフ(市販カラー剤使用)のメリットとデメリットがこちらです。

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

受験生のバレンタイン! 彼氏の本音は?

敬老の日は手作りで! 高校生が贈るプレゼント

赤ちゃんを丸刈り、髪質の為? 本当に効果あるの?

冬休みに髪を染める! 美容院で染めるメリット・デメリット

言うまでもなく美容師は髪のプロです。

自分では見えない、届かない部分もきっちり染めてもらえます。

また、やり直したいと思った際や、どうしたらいいかわからないことがあっても、すぐ相談できるのは大きなメリットです。

特に初めて染める場合、自分の髪の毛の状態を見てもらえますし、染めたときどうなるか(染まりやすいとか傷みやすいとか)など、不安な部分のフォローがあるのは心強いポイントですね。

ただ、問題なのは料金!!

ご想像の通り、セルフでやるよりかなり高いです。

大体カット+カラーだと、7,000円~15,000円とお高め。

トリートメントやハイライトなどもプラスすると当然もっと高くなります。

大体の美容室はカラーのみも受け付け可能ですが、なかなか頼みにくいですよね…。

しかも、染めるだけではなく、また髪色を戻すなら2回分のお金がかかってしまいます

冬休みに髪を染める! セルフ(市販カラー剤)で染めるメリット・デメリット

とにかくまずは安い!

社会人ならともかく、学生にとってこれは大きなメリットです。

市販カラー剤なら500円~1,500円程度で済んじゃいます!!

そして、時間も節約できます。

カラー剤さえ購入しておけば、思い立った時(それが例えば深夜でも)すぐ染めたいときに染めることができます。

美容院だとこうは行きません。

 

まずは美容院を探して、電話やネットで予約。

その日その時間に美容院まで行き、染めてもらって、また帰ってこなくてはなりません。

 

これって案外手間ですよね。

しゃべるのが苦手ならなお億劫です。

ただ、初めてセルフでやるならなおのこと、ムラになって染まってしまったり、髪の毛以外にもあちこち付いてしまって難しかったりするかもしれません。

仕上りも美容院のようにはいかないでしょう。

頭皮や髪の毛自体がすごく傷んでしまったという声もあるので、覚悟はしときましょう

以上のように、美容院とセルフ、どちらにもメリとデメリットがありますが、実はこの二つ以外にも、髪の毛を染める方法があります。

冬休みに髪を染める! カラー専門店という選択肢

最近全国的にジワジワ増えているのがコレ。

カット専門店と同じように、カラーのみに特化した専門のお店です。

シャンプーやカットはなし(店によっては自動洗髪機があったりもしますが)。

ブローはセルフサービスなど、できるだけカラー以外の作業は省いてあります。

ドリンクサービスなどももちろん無しです。

なんだかおもしろいですよね。

ですが、カラーに関しては、プロの美容師が色選びから相談に乗ってくれますし、施術ももちろんやってくれます。

カラー剤は、ちゃんとした美容院専用のものなので安心してくださいね。

気になる価格は全体染めだと3,000円~4,500円程度とかなりのお手頃価格です。

いいとこどりのカラー専門店ですが、ブリーチやヘアマニキュア、ヘナ、またメッシュなど、ごく普通のカラーリング以外を希望する場合は断られるお店が多いです。

ですが、それはつまり「普通に茶髪にしたい」程度の希望であれば、安く早く美容師にカラーリングしてもらえるということです。

お近くに店舗があるなら一つの選択肢かなと思いますよ。

冬休みに髪を染める! 髪色を戻すときは?

よくドラッグストアなどで売っているのは「髪色もどし」や「黒染め」と呼ばれるカラー剤。

「黒染めスプレー」は、その名の通り、スプレーするだけであっという間に黒髪になりますが、その場限りのものですし、何より海苔を張り付けたようなツヤというか、とにかく自然な仕上がりになってしまうのでこれを使用することだけは避けましょう!

黒染め、髪色戻しに関しては、はっきり言ってセルフはオススメできません。

なぜなら失敗する人が多いからです。

「黒髪の中に明るい茶色がちょこちょこムラになってしまった」「まだら模様になって変」という失敗談を聞いたことはないですか?

美容院やカラー専門店で、学校があるから黒く染めなおしたい旨を伝えましょう。

失敗した後だと、ムラをなくすために料金もさらに高くなってしまいます

ここはケチらず最初からプロに任せる方が安心です。

冬休みに髪を染める! 黒染め後、だんだん髪色が明るくなって・・

落ち着いてくださいね、よくあることです。

黒染めした直後は黒っぽく見えますが、2、3か月もすれば、もともとのカラー染料が抜けていないので、個人差はあれど、だんだんまた明るくなってきます

カラーリングしていた時の明るさまでは戻りませんが、「学校ではバレるかな?」と不安ですよね。

気になるレベルになるようなら、もう一度黒染めを美容師さんにお願いしましょう。

お金はかかりますが、市販の黒染めは一度染めると色が残り抜けにくいので、ムラになってからでは手遅れです。

ちなみに個人差があるため、黒染め後も明るさが気にならないレベルの場合もあります。

まとめ

・初心者や心配症さんは美容院へGO!

・経験者や節約家さんはセルフにチャレンジ

・近くに店舗があるならカラー専門店もお得感アリ

・黒染めは絶対美容師さんにやってもらおう

・黒染めが抜けてきたら、もう一度黒染めを

ダメージを与えてしまうとわかってはいるけど、カラーリングをやってみたいのが女子のオシャレ魂。

女の命ともいわれる髪の毛をできるだけ労りながら、カラーリングを楽しみたいですね。

冬休みだけの短い間だけかもしれませんが、可愛くなっちゃいましょう!

-季節イベント

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.