今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

季節イベント

年賀状に七五三の刀はあり? 知らなかった!年賀状のマナー

更新日:

新年のご挨拶として、送ってもいただいても嬉しい年賀状。

最近は、自宅パソコンで作成する方が多くなっていますよね。

我が家も子どもが生まれてからは、子どもたちの写真を使った年賀状を自作しています。

家庭用の簡易印刷機を使って印刷することから始まって、自宅にパソコンが来て、プリンターを購入してからは、ずっと自作です。

最初は手書きで作っていましたが、最近では、本屋さんで年賀状のデザイン集を購入して、簡単におしゃれな年賀状を作ることができるようになったんです。

デザインはプロにお任せして、年賀状を作っていますが、こんな声も。

「年賀状には七五三の時の刀を持った写真は使ってはいけない」

実際に、我が家も長男の七五三の時の写真を使って、年賀状を作って皆さんに送ったことがあります。

その時は特に気にせず、記念写真だし、自分や主人の両親も喜ぶだろうぐらいの気持ちで写真を使ったのですが、本当はどうだったんだろうと少し不安になりました。

そこで、「七五三の時の刀の写真を使っても大丈夫?」というルールがあるのか、またそれ以外にこれは使わないほうがいいなど、どんな年賀状のルールがあるか調べてみました。

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

義実家への年賀状、一言添え書きする文例をご紹介!

年末に身内が亡くなると年賀状はどうなる? こんな時の作法とは?

年賀状の投函代行を海外から! オススメのサービスはこれ!

年賀状に七五三の刀はあり?

郵便局に勤め、マナー講師を副業でやってる友人に聞いてみました。

・刀は昔から神聖なものとして大切にされてきた。家を守ってくれる大切な宝物、守り神。
・一方、人を傷つける道具としての歴史もあり。

つまり、受け取る人によって、「神聖な守り神」ともなり、「人を傷つける恐ろしい道具」にもなるということ。

明確に、刀を持った姿の写真を使ってはいけないというルールは見当たりません

ですが、受け取る側によって、上記のようにいろんな意味合いが出てくるので、できれば避けた方がよいです。

男の子は「チャンバラごっこ」が大好きですよね。

刀をもって遊んでいる姿はいきいきとして可愛いものです。

その可愛い姿をどうしても見て欲しいと思う場合は、

「今年は、七五三のお祝いをしました。とてもかわいい表情の写真が撮れたのでごらんください」

など、一言添えるといいですね。

また、刀ではなく、千歳飴やかさなど、他の小道具に変えて撮影してみてもいいですね。

そのほかの年賀状のルール

その他の年賀状のルールも調べてみました。

 

・忌み言葉は使用厳禁!

忌み言葉とは「不幸を表す言葉」や「別れを連想する言葉」などを言います。

よく間違えるのは「去年」です。

「去」という文字は別れを連想しますよね。

そこで、「昨年」「旧年」と置き換える事をします。

他にも「滅びる」「耐える」「別れる」「失う」「病む」などがあります。

たとえば、「去年は、病気を患い大変でしたが、今年は元気になって一年過ごします。」

この文章は、「病」「患う」が入っています。

こちらを書き換えるならば

「昨年は様々なことがありましたが、今年は、元気に楽しい一年とします。」

など、使ってはいけない文字や言葉を違うものに置き換えることをしましょうね。

 

・「新年あけましておめでとうございます」は違う?!

「あけまして」の意味は、〇〇が終わったという意味。

例えば「梅雨明け」や「忌明け」など、その状態が終わったということを表します。

という事は、「新年が終わっておめでたい」という意味となってしまいます。

正しくは「新年おめでとうございます」もしくは「あけましておめでとうございます」です。

 

・年賀状にも敬語がある?!

年賀状に筆文字などの大きな字で「寿」や「賀正」のみを書いている年賀状もよく見かけます。

実はこれ、目上の人や上司、または会社名義で出す年賀状には使ってはいけないもの。

「寿」はおめでたいと言っているだけ、「賀正」は正月を祝うと言っているだけなんです。

上司や取引先に「めでたい!」だけの年賀状を出していると思ったら冷や汗が出ますよね。

「謹賀新年」や「恭賀新年」など4文字以上の賀詞、お祝い言葉を選びましょう。

「謹」という文字が入ることで敬語を使ったことになります

もちろん、親しい間柄の人に送る年賀状であれば、1文字でもかまいませんよ。

 

A Happy New Yearは間違い?!

英語で新年のあいさつをした事も何度もあります。

その際にはもちろん「A Happy New Year」と書きますよね。

しかし!これ英語の文法的には間違いなんです。

あけましておめでとうの意味で使っていますが、実はよいお年をという年末のあいさつだったんです。

正しくは「Happy New Year」、「A」を付けないこと

まとめ

・年賀状に七五三の刀の写真を使うのは問題ないが、様々な意味があるのでできれば避けた方が無難

・忌み言葉は厳禁、違う言葉に置き換える

・賀詞は4文字以上

・Happy New Yearが正解、「A」はいらない

年賀状にはたくさんのルールがあります。

送る先に失礼のないようにしたいですね^^

-季節イベント

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.