今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

生活

シャツの襟が印象を左右! 好印象男性を目指すあなたへこの3点!

更新日:

「人は他人の靴を見てる」って聞きますよね。どんなに髪型を決めていても、素敵なコートを着たり、オシャレなカバンを持っていても、その靴で…「ああ、残念」とかってちょっと減点されちゃう!

でも、洋服みたいにクリーニングを頻繁にするわけじゃないしなー、これ位なら良いか?と私なんかは思っちゃうんですが、そこを手抜きって思われちゃうんだろうな(笑)。

そんな足下の美意識と同じで、「シャツ」の着こなしというのも、めっちゃ見られています!

スーツにはこだわりを見せるのに、シャツには無頓着な日本人男性がなんと多いこと!イタリア男性なんかは、自らの体にフィットした1枚を選び抜くのだとか。

シャツはそもそも下着で、スーツの下に隠れるものですが、実はスタイル全体の印象を決定づけてしまうほどの影響力を持っているのです。

そして、そのシャツは「襟」が命! シャツの印象は「襟元の印象」が90%決定します。ダサいシャツは襟が原因。

ということで今回は!あなたのそのビジネスシャツ、ちょっと襟から見直してみません?襟に加え、シャツのサイズ感とカラーにも言及します。

「襟・サイズ感・カラー」をキメて、好印象に変身しちゃいましょー。

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

ユニクロはダサい? シャツの着こなしが驚くほどスマートになる秘密

Tシャツ一枚が似合う人! 男女別に着こなしをご紹介

<シャツの襟が印象を左右!>襟の選び方

デパートで売ってるものから、無印とかユニクロみたいな、カジュアルな店にも置かれてたり、シャツっていろんな所で売られてます。

でも、襟の種類に注目して、TPO(時と場合)によって、今日はワイドカラーだな!とか、明後日は…ボタンダウンのやつにするか!なんて、使い分けって皆さんされてますか?

私の旦那は、襟の区別って…ぶっちゃけ角襟か丸襟の区別しか知らなかった!というのが本音(笑)。

でも…、出来るビジネスマンたちは!ちゃんと、今日のスーツにはこのシャツ!みたいに使い分けをされています。

そんなオシャレ男性さんたちをフルに真似っこする!となると、正直しんどい。

まずは、4種類の襟のデザインを知って、普段の着こなしに少しずつ取り入れていきましょう。

〔レギュラーカラー〕
一見同じシャツに見えても、襟の開き具合とか先端のデザインなど、結構色んな種類があります。もっとも有名なのが「レギュラーカラー」。

襟の長さや開き具合が標準的なデザインであり、羽織るジャケットや合わせるネクタイを選びません。TPOを問わず、一番活用しやすいデザインです。

〔ワイドカラー〕
レギュラーカラーの次に、生産量が多いのが「ワイドカラー」。

レギュラーカラーに比べ、襟の開きが良い感じに開いており、首周りの印象はすっきり!

イメージは、レギュラーカラーは就職活動、ワイドカラーはプレゼン中のビジネスマン、って感じです(笑)。

ワイドカラーの方があか抜けているというか、大人な印象を私は受けますね。

レギュラーとワイドはどっちかだけじゃなくって、2つを併用して普段使いしたりすると出来る男っぷりの印象が上がるのではないでしょうか?

〔ホリゾンタルカラー〕
言葉の通り、襟の開きがほぼ水平なタイプ。ワイドカラーよりさらに開きが大きく、太めのネクタイがよく似合います。

ネクタイが細いと、首元が空きすぎというかちょっと間抜けな印象もあるので、細いネクタイしかないのなら、ノーネクタイがおすすめ!

こちらはオシャレ上級者も愛用するデザイン。間違えるとちょっと遊びっぽく見えるので、お堅い企業との大事な商談の時は、レギュラーがワイドが良いでしょう(笑)

〔ボタンダウンカラー〕
襟先がシャツのボタンと合わせて止まる形になっています。

クールビズの環境でこのタイプのものを着ていれば、ネクタイをしていなくてもきちっと決まって見えるという、今の時代は1つは持っておくと良いかもしれないシャツ。

ただ、レギュラーやワイドより、襟の高さが高くなってしまうので、結婚式やパーティーなどのフォーマルな場面では避けましょう

またこちらは、イギリスのスポーツ選手が着ていたシャツがモデルとなっていることもあり、スポーティーな印象も受けます。

<シャツの襟が印象を左右!>体型に合わせたサイズ感が大事

大きく2つの体型に分けてみました。

〔スリム体型さん〕
細いって羨ましいだけな気もしちゃうんですが、中にはそのスリムをコンプレックスに思っている方もいるんですよね。

そんな時、ついつい大き目サイズで隠そうとしちゃってませんか?

でも、それって…むしろ逆効果!ジャストなサイズの方が、細さを強調しちゃわずに済むんです。身長が低いのが悩みの方も、このタイプと同じ選び方がオススメですよー。

〔大きめ体型さん〕
見た目を抑えたいのなら、窮屈になる小さい襟のタイプは選ばずに、スリム体型の方とは逆に大きめなゆったりサイズを選んだ方が良いです。

模様としては、縦のストライプのシャツなんかを選ぶと、細く印象を与えてくれます。

首の太さが悩みの方も、このタイプと同じ選び方がオススメですよ。

どちらのケースも、コプレックスを隠したい気持ちは分かります。

が、洋服で例えるとMサイズ体型の人がギリギリ着れるSサイズを着ると、ちょっと太って見えたり、逆にLサイズを着ると細く見えたりもするじゃないですか?

「隠そうとすればするほど…余計に目立つ!」

ということで、上手にサイズ選びをすることで印象ってプラスにもなれば、間違えちゃうと…逆にマイナスにもなっちゃうので、気を付けましょうね。

<シャツの襟が印象を左右!>ちょっとだけ「カラー」を取り入れる

色によって「情熱的に見える」とか、人から見える自分の印象を変えられる!とは聞くけれど…

お仕事の時に、日本の中で派手なレッドやオレンジを着る人って…めっちゃレアですよね(笑)

なので、日本の中でオールマイティに対応をするなら、「ホワイト」はもう王道で、人を悪い気にはさせない。

でも、外国の人と関わる方も今の時代は少なくはないっ!そんな時に、真っ白なシャツだと…結婚式とかお葬式のイメージに見えて「うーん、」って思われたりもしてしまうらしい。

なので、そんな時にオススメなのが、薄く色味があるシャツ!…とは言っても、ピンクとかだと、あんまりビジネスシーンには向かないと思う。

私の経験上は、青系の薄い色のシャツで着ている男の人たちは結構います。

あとは、縦ストライプの「白×ネイビー」のシャツは私の旦那も着ているかな。

日本の社会では、正直…カラフルなシャツを着るのはNGかもしれないので…、清潔感ある「青」を取り入れたスタイルでオシャレを楽しむのが素敵。

まとめ

1. 4種類の襟のデザインを知って、TPOで使い分け!

2. 体型コンプレックスは、隠し過ぎないことが重要!

3. ビジネスシーンでも、青系統なら色や模様でオシャレをしてもOK!

毎日当たり前に着るものを「ただ着る」じゃなくって、「これを着る」みたいに選ぶことで、モチベーションは変わってくると思います。

足下以上に自然に目に付くのがシャツ。

良い印象を作るのって大事と思うので、ちょっとだけでも意識してみても損はないですよ!

-生活

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.