今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

食関連

コーヒーの味の表現を知って、コーヒーをさらに楽しもう!

更新日:

最近はサードウェーブコーヒーの台頭で街にはコーヒーショップが増えた様に感じます!

スタバも大好きだけど、きょうはサードウェーブでコーヒーを飲んでみたいなーと思って入るとメニューには豆の産地の名前がズラリ。シングルオリジンって何だ!

お店の人に聞いてみると「どんなコーヒーをお求めですか?」 と聞かれて「え、えと、あんまり酸っぱくないヤツ・・・。」口ごもりオロオロしたことのある人いないでしょうか。

恥ずかしながらわたしもこのシチュエーションは経験があります。珈琲の味の表現は実はむずかしくないのでちょっと知識を付ければスマートにオーダーすることができます!

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

コーヒーにミルク、健康に良くないの?

<コーヒーの味の表現>そもそもサードウェーブとは?

サードウェーブって最近よく耳にしますが、「大きな声じゃ言えないけど実はなんのことかよくわかってないんだよね(てへぺろ)」という方も少なくないと思います!サードウェーブは訳すと3つめの波なんですね。

第1波はというと19世紀後半から1960年代までを指します。流通が良くなってコーヒーを一般人が手軽に飲める様になりました。しかし当時と言えばペラペラの薄いインスタントにクリープとさとうたっぷりのものがコーヒーという認識だったり、お世辞にも品質はいいものとはいえなかったみたいですね。

第2波は1960年代から1990年代に起こったスタバやタリーズなどのシアトル系コーヒーチェーンの高品質な豆の深煎りコーヒーブームを指します。フラペチーノやアレンジコーヒーが大流行。コーヒーチェーンのロゴ付きのカップをテイクアウトして街を歩くのがトレンドになりましたね。ドリップコーヒーだけでなくてエスプレッソベースのラテなどコーヒーの種類も多くて大衆的にもコーヒーにより親しむようになったといえます。

そして1990年代後半から今に至るまでが第3波のサードウェーブです。サードウェーブの特徴はコーヒー豆に作り手や農園がみえることその豆の特徴を活かしてていねいに一杯ずつ淹れることです。喫茶店などではコーヒーと言えばブレンドコーヒーが当たり前だったりしますが、サードウェーブ系では豆にこだわるのでブレンドをしないシングルオリジンが重要視されるということです。

新しい波がくるたびにコーヒーが高品質に、奥深くなっていってますね。

<コーヒーの味の表現>コーヒー4大要素を知る!

コーヒーには4つの要素があって、①香り ②酸味③苦み④コクだと言われています。

①香り
コーヒーの香りって素晴らしい。カフェに足を踏み入れたときの深みのある香りに骨ごとリラックスしてしまいます。

珈琲の香りも実はワインの様に表現方法は豊かです。「チョコレートのような」「ナッティーな(ナッツのように香ばしい)」、「スモーキーな(焙煎の強い煙いような)」、「アーシーな(土の匂い、野性的な、素朴な感じ)」「グラッシーな(若い豆を使っていて青臭い草の香りを感じる)」などなどざっとあげただけでも沢山あります。

ちなみにインドネシア産のものが土や葉の香りがする傾向があり、お花やフルーツの香りがするのは東アフリカ産に多いです。

②酸味
こちらもオレンジやリンゴのようなフルーティーな酸味だったり、レモンのようにツンとくる酸味ベリー類のように華やかな酸味などなど例え方があるそうなのですが、よく分からなければ「爽やかな酸味がある」と言うのがベストな酸味の褒め言葉なんだそうです笑

日本人は酸味の強いコーヒーが苦手という方が多かったりしますが、実は品質の悪い豆の酸味というのはえぐいような残ってしまうイヤな酸味があって苦手意識になっているパターンも多いようですよ。品質のよいコーヒーで是非再チャレンジしてみましょう。

③苦み
こちらももコーヒーの重要要素ですよね。

欲しがるこどもにも「これは苦いおとなの飲み物なのっ!」なんていってみて優越感感じたり。コーヒーの苦みというのは実は焙煎の深さによるものです。サードウェーブは豆のクリアな味をひきだすために浅く焙煎する事が多いそうですよ。

④コク
食べ物でも「コクがあってウマイ!」なんて食リポで聞いたりしますが、コクは脂肪分の量に関係してます

コーヒー豆の中にある脂肪分をうまーく抽出したものしかコクを出せません。脂肪分もカギですが、コーヒーの苦みや酸味、甘さのバランスがとれていてこそコクが感じられるコーヒーになるそうですよ

<コーヒーの味の表現>コーヒーの3大タイプを知る

コーヒーをタイプ別にすると

①すっきり爽やかタイプ
②濃厚な重厚感タイプ
③絶妙!バランスタイプ

の3種にわけられます。

①すっきり爽やかタイプ
焙煎が浅煎りで苦みがおちついていて、すっきりとした酸味のコーヒーを指します。サードウェーブコーヒーはこのタイプのコーヒーが多いです。

②濃厚な重厚感タイプ
深煎りでしっかりと苦みがあるコーヒーです。コクもしっかり感じられる濃厚なコーヒー。スタバやタリーズでこのタイプのコーヒーが提供されています。

③絶妙!バランスタイプ
は文字通り酸味も苦みも強すぎずコクもありバランスがよいので万人ウケするタイプです。喫茶店のブレンドなんかは.このタイプです。

まとめ

・サードウェーブの特徴は

①コーヒー豆に作り手や農園がみえる

②その豆の特徴を活かしてていねいに一杯ずつ淹れる

③豆にこだわるのでブレンドをしないシングルオリジンが多い

・コーヒーには香り、酸味、苦み、コクの4つの要素がある

・「すっきり爽やかタイプ」「濃厚な重厚感タイプ」「絶妙!バランスタイプ」がコーヒー3大タイプ

上記のコーヒーの表現方法を組み合わせて表現すると上手に伝えることはできますが、大事なのは自分の好みのコーヒーを知ることですよね!

是非たくさんのコーヒーを色々なお店でトライして自分の好みを把握しましょう。皆様が幸せなコーヒータイムを過ごせますように。

-食関連

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.