今よりも一歩豊かな生活をお届けするウェブマガジン

お役立ち!リッチlife

会社・仕事

ハイヒールがうるさい! そんな周囲に配慮して、履く時はTPOを!

更新日:

オシャレをするのは「モチベーション」へも繋がりますし、男性よりも「靴」という1つに絞ってもレパートリーが多く、女性は特に幅広く楽しめますよね。

皆さんはどんな靴がお気に入りですか?

私は、ファッションの好みがどちらかといえばシンプル・カジュアル寄りな事もあり、フラットシューズの中から選ぶ事が多かったりします。

スニーカーを取り入れるコーデも、すごく好きです!

今回は「靴」にまつわるお話を書いていくのですが、女性目線と男性目線とでは感じる事がどうやら違うようなのです。

よく、お化粧に関しても女性はいかに自分の魅力を引き出すかを考え、様々な流行を取り入れますが、男性は「すっぴん」の方が良い、なんて事を言いますよね?

女性の中では「ハイヒール」を履く人をオシャレでセンス良いと思うだけの割合が多くとも、男性はその姿よりも、「音」の方に敏感となってしまうとか。

プライベートで好きな格好をするのは良いですが、オフィスや、一緒に会う相手によっては、ハイヒールを履くにも…男性の前ではTPOが必要なようですよ?

 

※当ブログでは、以下記事も紹介しています。

うるさい美容師を静かに!! 美容師嫌いの私でもできた対処法3つ

<ハイヒールがうるさい・・> ハイヒールの音は「耳障り」になってしまう?

ハイヒールの音に対して「女性らしさ」というのを感じる男性もいるそうですが、半分は「…うるさいな」と感じる割合と思っておいた方が良いでしょう。

聴力という体の構造的には、女性の方が「音が気になるつくり」という事を言われているのですが、私の周りでは、むしろその逆!

男性の方が、音に敏感と実証できている気がするんです。

私の住まいの壁が極端に薄いというわけではないのですが(笑)、旦那は夜眠る時に、外を通る車の音を結構気にしていて、性能の良い耳栓をGETした位なのです!

台風などであれば、私だって気になりはしますが、いつもの雨風の音程度なら耳栓なんてせずに普通に眠れます。

少し話が脱線してしまいましたが、ハイヒールを履いて歩くと「カツカツカツカツ」「コツコツコツコツ」と独特の音が鳴るのは、女性でも認識できますよね?

外の地面、室内の床と擦れて鳴る音ですが、男性にとっては「耳障り」という程に嫌悪感を抱きもするそうです。

道端ですれ違う赤の他人の性質をいちいち気にする必要はありませんが、会社の同僚男性や、親しい友人男性の中にも、ハイヒールの音を苦手としている人がいる確立は低くないという事。

もしかしたら友人男性は「ヒール音、すごくない?」と、オブラートに包んで伝えてくれるかもしれません。

その時に、私達女性は「別に普通じゃない?」と思うだけかもしれません。

しかし、それが「鈍感で気遣いできない人」と思われ、陰で何か言われてしまっていたら悲しいですよね。

本当は、人の好みに勝手にいちゃもんを言わないでほしい。

しかし、ハイヒールを履くコーデを、1人ショッピングや女性だけの場で楽しむというように、変えてみる臨機応変さも必要なのではないでしょうか?

友人男性、そして彼氏や旦那という相手であっても、密かに「カツコツ音」をあんまり好きではない場合もあるそうですよ。

機嫌が宜しくない時には、それが更なる鬱憤となったりもするそうです。

身近な場面としてTPOを心がける事を怠ってはいけないのは、職場のオフィス内でも同じ事!

女性だけではなく、多くの男性もいるのですから、その中には「ハイヒールなんて会社に履いて来ないでくれよ」と思ってイライラしている人がいてもおかしくありませんよ。

<ハイヒールがうるさい・・> ヒールの高さを「ランクダウン」する事も効果的

女性目線で思えば、「美脚」でありたいという気持ちは誰しもですよね。

ヒールが高いほうが、足が長く綺麗に見えるとも言われていますからね。

しかし、会社の同僚男性とのTPO問題から発展する、「冷めた眼差し」を無視する事も…できません。

そんな時には、ヒールの高さや太さを妥協してみませんか?

ハイヒールはヒールが長く、地面に触れる踵部分が狭い。

なかなか、不安定な姿勢から「正しい歩き方」をマスターするのは難しく、ベストな歩き方ができていない事が「耳障りな音」が出る原因とも言われています。

もちろんモデルさんのように、ウォーキング教室に通って歩き方を習得するという手もあります。

ですが、プライベートではハイヒールやピンヒールを思う存分履き、オフィスでは「フラットヒール」へと、変えてみる方が楽ではありませんか?

フラットヒールでしたら、踵が触れる部分は広く、高さも1センチ程度だったりと「音」のリスクの心配は無用。

ハイヒールが好きで、高いヒールしか履いた事がないとしても、少しだけ新たな「オシャレの世界」の扉を開いてみませんか?

オフィス内での動きも、ハイヒールなら少しゆっくりとなってしまいますが、ローヒールとなればテキパキとなり、それが好印象に変わるかもしれません!

何より、納期だったり繁忙期だったりという、慌しい時に「カッカッカッカ」「コッコッコッコ」という音をオフィスで鳴らしてしまうのは…仕事環境には悪影響と、女性でも感じてしまうものです。

どうしても譲れないポリシーだとするのなら、私の職場(事務)の同僚女性達のように、更衣室に「ナースサンダル」や「フラットシューズ」という、仕事場専用の靴を別に用意しておく事。

仕事時間だけ履き替える事でも、男性同僚達のストレスを解消してあげられますから、おすすめです!

まとめ

・オシャレなハイヒール音も「男性」にとっては「耳障り」となる可能性が高い!

・オフィスなどの男性へのTPOを気遣うのなら、「ヒールを短く・幅広く」がポイント!

気遣いばかりをしてしまっては、生きる事が息苦しくもなってしまいますが、少しだけ我慢をするのは難しい事ではないはずです。

協調して生きていく上では、自分のスタイルだけを貫いてしまっては良くありません。

皆が気持ちよく仕事に集中するためにも、オシャレの時間と、仕事時間は、靴をイメチェンしてみてはどうでしょうか?

-会社・仕事

Copyright© お役立ち!リッチlife , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.